北の地に暮らすガイドが

river trip CAMELは、道北・天塩川や朱鞠内湖などをメインフィールドに
北海道の自然の旅を四季を通じてガイドしています。
カヌーやボートフィッシング、スキーや雪板を通じて自然とのつながりを感じ、
自由とよろこびを見つけられるツアーをご案内していきたいと願っています。

砂漠を旅するラクダのキャラバンのように

最北に向かい遠大に流れる天塩川。道北の大地は北に進むにつれより緑豊かに、
そして荒涼としてゆきます。北海道の原風景のような、濃厚でそっけない自然の姿です。
そんな最果てを目指す川の旅に欠かせない存在になることをめざして。
そんな想いでriver trip CAMELははじまりました。

ラクダ(CAMEL)は砂漠の舟。荒野をゆく商隊のラクダのように水上の旅人の頼もしいパートナーになれますように。
ラクダのキャラバンのように「暮らすような旅」をガイドしていきます。

20171025_061005.jpgIMG_5411.JPGZAM_1067.JPGP4090114.JPG

時をガイドする

パドルで水をつかまえる。釣り糸を通して流れと繋がる。雪の音を聴く。
川旅や雪旅を通して自然との繋がるよろこびを多くの人に感じてほしい。

プロフィール

北・北海道をフィールドとするアウトドアガイド。徳島県生まれ。幼少のころから川や海に慣れ親しみ育ち、南国ながらも打ち込んでいた競技スキーをきっかけに想いは北に向いていた。雪と寒さへの強い憧れから北海道の大学へ進学。卒業後、夏期は道東でカヌーガイドとして、冬季はや南富良野でスノーアクティビティーのガイドとしての経験を積む。2014年より道北に拠点を移し「CAMEL」として独立。夏は天塩川や朱鞠内湖などをホームに北海道内外の河川でのカヌーキャンプトリップや、ドリフトボートを使ったダウンリバーフィッシングのガイドとして活動。冬はスノーシュー・トレッキングスキー・雪板を使った雪上のガイドを行うなど、北の自然と暮らしにじっくり向き合うスタイルの旅を提案している。

北海道アウトドア協会認定ガイド
上級救命講習終了
小型2級船舶免許

ZAM_0938.JPGtes014.jpg冬終了.jpgIMG_5699.JPG